医療法人三愛会 秋田東病院 本文へジャンプ
病棟周囲には桜が植えられています 医療法人三愛会 秋田東病院
〒010-0823
秋田市山内字丸木橋167-3
Tel 018-827-2331(代)
Fax 018-827-2330


【お知らせ】
当院では 私たちとともに働いてくださる職員を募集しています。
看護長の新任に伴い看護体制が変わります。

医師募集につきまして

当院の「新型コロナウイルス対策」と「ご面会・ご面談」につきまして


当院の紹介

秋田市の太平山のふもと、自然豊かな地で精神科医療に取り組んでおります。


高齢者を中心とした精神疾患の入院治療に取り組んでいます。各専門職の職員が職種を超えて一体となって治療に臨み、生活を困難としている症状の改善と、住み慣れた地域社会でのその人なりの生活を営むための心身機能の維持・回復・獲得を目指して治療を行っております。

患者さまに対しては、一人の生活者としての自尊心を大切にした対応を心掛け治療をおこなっております。

高齢化のすすむ現代において老年期の認知症・精神疾患に当惑されているご本人さまやそのご家族さま、また、その他精神疾患でお悩みのご本人さまとそのご家族の皆様の力になりたいと願い、診療に取り組んでおります。


※ 当院所在地は こちら です。

なお、当院は、マイナンバーカードによる受付 (オンライン資格確認) に対応しております。受診された皆様に対して受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な情報を取得・活用して診療を行っています。正確な情報を取得・活用するため、「マイナ保険証の利用」 (マイナンバーカードによる受付) にご協力お願いいたします。
※マイナ保険証の使い方の動画は こちら です。


【 新型コロナウイルス感染症対策 につきまして 】

 


新型コロナウイルス感染症が感染法上 5類 に分類されて以降、様々な経済活動、イベントが再開され、人の移動や町の賑わいもコロナ前の状態に戻っています。
新型コロナ感染症のニュースをみることもなくなりましたが、病院や高齢者施設においては、内部に持ち込まれた場合の影響は以前と変わらず、持ち込防止の対応を続けざるを得ません。

当院では感染時に重症化しやすい高齢者が多く、また、多くの方が精神疾患や認知機能の低下により、自ら理解して感染防止の行動をとることが難しいことから、職員や外部者からの感染症の持ち込みが生じないよう、感染症対策に注意喚起を続けておりました。それでも5類に分類されて以降、当院で持ち込みによる一定数の患者さまへの感染が生じたことがあり、患者さまにも職員にも大きな負担となっておりました。持ち込み防止のために職員一同、定期的に認識をあらためる必要性を感じております。

 持ち込みリスクは気づかない所に生じていると考えており、院内では、万一持ち込まれた場合のリスクが増大しないよう、飛沫感染、接触感染に備えるべく季節や状況に合わせた対策を続けております。
 


 新型コロナウイルス感染症の約半数は「無症状感染者」からもたらされているとされています。ウイルスを保有した外部からの訪問の方や職員が無症状・無自覚のままウイルスを院内に持ち込んでしまう可能性があります。更に、今季はインフルエンザ感染の広がりもみられており、院内、院外での職員の感染対策、ならびに患者さまの面会での一定の制限につきましては、これまで通り継続しております。
持ち込み防止の観点から、これまで同様ご来院時はマスクの着用・手指消毒をお願いいたします。

【面会に関するお知らせ】
 感染機会の低減を目的として、現在「予約制」で「ガラスドア越し」のご面会とさせていただいております。また、全ての病棟において面会場所は「2病棟玄関」となり、玄関のガラスドア越しでのご面会となります。声が聞き取りにくい場合はお電話での通話、もしくは院内用のPHSをご使用頂いております。

 ご予約・お問い合わせは、お電話 (病院代表 018-827-2331) にて承っております。また、地域の感染状況を踏まえ、今後の面会のあり方については適宜検討を重ねてまいります。直接の対面ができないことをお詫び申し上げるとともに、ご理解とご協力を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。


 なお、入院されている患者さまのマイナンバーカード申請のための顔写真が必要とのご相談をお受けすることが多くなりました。患者さまの外出や直接の面会を避ける形での写真撮影につきまして対応申しあげます、お写真が必要な場合はどうぞお声がけ、ご相談下さい。

以上につきまして、どうか皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和67

医療法人三愛会 秋田東病院

院長



私たちは、「楽しく・誇りをもって・人に貢献する」組織を目指します。



※ 当法人の こころのクリニック とともにつぶやいています。


最終更新日 2024年7月2日
Copyright (C) 2007-2024 Akita-Higashi hospital All rights reserved.