- 医師として、仕事と生活のバランスのとれた生活を送りませんか !? -

「 楽しく ・ 誇りをもって ・ 人に貢献する 」組織を目指しています。

当院は老年期の精神疾患を中心とした地域精神科医療を行っております。秋田市内から太平山スキー場「オーパス」へ向かう途中のバス停「丸木橋」から右折、バス停から徒歩2分。勤務時間は午前8時15分〜午後5時15分までとなっております。秋田市中心部からの職員送迎用バスあります。自家用車で通勤される場合、市内の多くの通勤混雑の方向とは逆方向であること、また、町中を抜けるとほとんど信号がないため「意外」に通勤のストレスは少ないと思われます。冬季間は市内から「オーパス」への道路は常に除雪されるため運転に支障はございません。


医師の皆様へ】

当院では、高齢者の精神疾患を中心に入院治療を行なっています。認知症が中心となりますが、統合失調症、気分障害、など精神病圏の疾患を診ています。

外来は秋田市手形の「こころのクリニック」が担っています。クリニックではあらゆる年代の患者さんが来院されています。精神疾患全般に力を入れていますが、神経発達障害圏の患者さまが比較的多いかもしれません。

秋田東病院には認知症治療病棟 (50床) と精神療養病棟 (50床+40床) があります。

認知症治療病棟では、行動・心理症状ゆえに家庭や施設での生活が困難になった認知症の方の治療に注力しています。必要に応じた薬物治療とともに、生活機能回復訓練、精神科作業療法など、日々の活動、対人交流など心身への適切な刺激を通して落ち着いた生活を取り戻すことを目指しています。

この病棟で患者さんの経過を診ていると、認知機能の余力が低下した状態において如何に環境と生活のリズムが大切かが実感されます。医師・看護職・介護職・作業療法士・心理士・精神保健福祉士・他 皆で一体となって治療に取り組んでいます。

精神療養病棟のうち50床では、男女で棟を分けて精神疾患全般の治療に当たっています。救急輪番や「こころのクリニック」からの紹介で入院治療となる比較的若年者から高齢者まで各年代に対応しています。認知症で行動・心理症状の強い方の対応も行ないます。

隔離室は一室のみです。必要に応じて精神保健福祉法に基づいた隔離・拘束は適宜おこなわれますが、精神運動興奮の強い方はほぼおりません。生活機能訓練や精神科作業療法など働きかけを行なっています。

精神療養病棟のうち40床は開放病棟で、精神症状が比較的落ち着いた患者さんが中心となり、男女混合の病棟です。

なお、ご高齢の患者さんが比較的多いことから身体的な治療を要すことも生じ得ます。そのような状態に対して精神科単科の当院でできる事は極めて限られています。当院で対応可能な状態を超えた状況においてはご家族の意向もふまえたうえで、総合病院などに相談、身体的治療を依頼することになります。

新しく来られる先生が担当される病棟は、精神療養病棟の50床 (男女別・各25床) 、もしくは 認知症治療病棟50床をお願いする予定です。

【当院での働き方】
当院での働き方は、なるべく、働いてくださる先生の都合に合わせた形にしたいと考えております。
例えば、お一人で一つの病棟の主治医として働く形もあれば、他の医師とともに特定の病棟に週に3日前後の勤務、もしくは、病棟主治医として働きながら、一部クリニックで外来の枠を担当する、週の半分を病棟・残り半分をクリニックなど、当方のその時の事情にもよりますが、なるべく先生の希望に近い形に合わせられたらと思っていますので、どうかご相談下さい。

(例1) 例えば、お一人で一つの病棟を担当される場合、
当院では病棟主治医制をとっており、医師の皆様には病棟管理もお願いしております。病棟管理といっても特別な事ではなく、看護など他職種とともに病棟患者さまの治療、看護役職者とともに病棟業務全般、また、職員への目配りなど、医師としての範囲での協力をお願いする事になります。病棟管理の一つとして委員会への参加もお願いしております。

(例2) 2人で一つの病棟を担当される場合
この場合、曜日によってお二人で病棟担当日を決め、時によっては午前・午後で担当を分けても良いと思われます。お二人で交代しながらの診療業務が患者さまにとっては連続性ある、一貫した治療方針のもとで行われることが前提となります。患者さまごとに主治医を決めて方針は主治医が責任を持ち、病棟担当としてご勤務の際はその病棟の他の先生が主治医になっている患者さまについてもその主治医の方針に従った診療を行っていただく事になると思います。
複数の医師で診ていく場合、病棟に対してどうしても「お客様」になりがちですが、そうでは無く、其々のお立場で、看護など他職種とともに病棟患者さまの治療、看護役職者とともに病棟業務全般、また、職員への目配りなど、医師としての範囲での協力をお願いする事になります。病棟管理の一つとして委員会への参加もお願いすることもあろうかと思います。

その他、可能であれば、週一回の当直にご協力をお願い出来ますと助かります。もしくは、可能であれば不定期でも月一回の週末の日当直へのご協力もご検討頂ければ更にたすかります。

毎日の業務は通常、定時に終えられます。仕事とプライベートの切り替えがしやすい環境にあります。医局はプライバシーを重視した 個室 もしくはパーテションで区切られたスペースを用意いたします。

当院の理念は こちら を御覧ください。私たちはこの理念にある「当事者意識」を大切にした組織の一員として 「楽しく ・ 誇りをもって ・ 人に貢献する」 専門職集団を目指しています。

私どもと一緒に精神科医療を実践してくださる皆様をお待ちいたしております。精神保健指定医の有無、専門科は問いません。まずはご連絡ください。

なお前記のように、当院では基本的に定時 (終業時刻 17:15) 帰宅で、ほぼオンコールはなく、ご自身の生活のペースを大切にされる先生、仕事以外の生活を大切に考えておられる先生にとって働きやすい環境と思います。子育てや介護との両立をお考えの場合もどうぞ気兼ねなくご相談ください。

※ 当院所在地は こちら を御覧ください。

ご連絡は 
秋田東病院 代表電話番号 018-827-2331
担当  藤井(ふじい) もしくは 木村(きむら) もしくは 院長 豊田(とよた) まで。



個室を用意しております。

お問い合わせを お待ちしております!!

最終更新 2022年10月